女性の脂肪・男性の脂肪

この前、肥満の形にはリンゴ型と洋ナシ型の2つがあると紹介しましたよね。リンゴ型は内蔵型脂肪肥満の体系を指す言葉で、洋ナシ型は皮下脂肪型肥満を指す言葉です。実は、リンゴ型肥満のほとんどが男性、洋ナシ型肥満の多くは女性なんですよ。

男性は女性よりも急激に多くエネルギーを必要とするため(昔人間がまだ狩猟時代生きていた頃、狩りを行うときには爆発的なエネルギーが必要でした)、必要な脂肪が血中にすぐに流れ、効率的に活用できる内蔵の近くに貯められます。

それに対して女性は、妊娠出産に必要な、大切な臓器である子宮や卵巣を守り、さらには赤ちゃんを守るためにお腹より下に脂肪がつきやすい性質を持っています。もちろん女性にも内蔵型肥満のリスクはあります。しかし、種の保存を主に担う女性ならではの特徴が脂肪にも表れているなんて、なかなか奥深いと思いませんか?

そして、女性にとっては大きな悩みであるセルライト。以前のコラムにも出てきましたね。肥大化脂肪細胞のまわりを、その肥大化の影響で圧迫した血管リンパ管が老廃物を溜め込み、組織化して外見上はオレンジの皮のような様相になってしまったものをいいます。これは、女性の肥満の形が皮膚のすぐそばで起こる皮下脂肪型肥満が多いことや、女性の皮膚が男性に比べて薄いためにセルライトが目立ちやすいという点、さらには女性ホルモンの影響で老廃物がたまりやすいという点などが、セルライトが女性特有のものである原因なのです。

このように、男性と女性では脂肪の特徴や現れ方が異なってきます。それぞれ効果的な落とし方も異なりますので、それぞれに合わせたメニューで余分な脂肪を撃退しましょう!さあ、いかがでしたか?脂肪の謎を1から解明するこのコラム。あなたの体重管理や健康維持に、ぜひ役立ててていただけると嬉しいです。